2016年11月28日月曜日

サテンのひみつ(3) いろいろなサテン

今回は、前回紹介したサテンの描き方で作られる

いろいろなサテンを比べてみてみようと思います。


まずはその前段として、組織のサイズについて考えてみましょう。

組織のサイズについて


上の図は、組織サイズと、経糸と緯糸の交差の様子を示しています。

青い緯糸が、黒い経糸の上を通る(=浮く)サイクルが、組織サイズと同じことが分かります。


組織のサイズが変わると、できあがる生地の特徴は、大きく次のように変わります。


サイズが大きくなると、緯糸と経糸の表から見える比率の差が大きく(片方が目立つように)なり

また糸の交差の間隔が広くなるので、構造が緩くなり、柔らかい生地になります。

構造が緩くなると、緯糸の密度をより高くする(打ち込みを上げる)こともできるようになります。



この関係を、下の図のようにまとめてみました。

上図では、横軸が組織のサイズ、縦軸が「□」と「■」が組織図に占める比率になっています。

縦軸・横軸にそって移動していく
ことで、組織の性質や特徴は、

図の左と上に書いてある矢印であらわしたように変わっていきます。


織物を設計する職人は、こうした効果を考えて織物組織を選んでいるわけです。



ちなみに、中ほどのサイズ=5のところで示したのは「増点法」という変化組織の作り方です。

「□」と「■」の比率を段階的に変えることで、グラデーション表現に使われます。



考えられるあらゆる組織をこの図にプロットすることができますが、

組織の柔らかさや緯糸密度の限度などの関係は、組織点「■」の配置によっても変わるので、

必ずしもこの図のようにならない場合があります。


この図では、組織サイズと「□」と「■」の比率の関係について、

おおよその傾向を示していると考えてください。



重口と軽口について


先ほどの図で、上に行くほど組織図の中で

白い「□」が多く、下に行くほど「■」が多くなっていました。


「■」は、織機が経糸を持ち上げる箇所をあらわすので、

図の下の方にある「■」が多い組織は、織機が緯糸を織り込むときに

持ち上げなくてはならない経糸の数が多い組織ということで、

つまり織機にとって「重い」組織になります。

このため、「■」が多い組織を「重口(おもくち)」、

逆に「□」が多い組織を「軽口(かるくち)」と呼びます。

「口」というのは、組織のうちの横一行ぶん(緯糸1本ぶん)を指します。

緯糸を織り込んでいるときのある一瞬をとらえて見ると、

組織のある1行のうち、「■」にあたる経糸が持ち上げられています。

その時に、それが「■」の方が少なければ軽口、「■」の方が多ければ重口ということになります。


サイズと飛び数のバリエーション


下の数字は、繻子織りのサイズと、飛び数の組み合わせ例を示しています。

(前回もご紹介した図です)


では、ここで実際に16枚までのパターンを全て並べてみてみましょう。



次は、それぞれを実際に織ってみた生地です。

こうしてみると、繻子織りと言っても、いろいろなパターンがあることが分かると思います。


ただし、生地の見た目は、経糸・緯糸に使う糸の素材・太さ・密度によって変わるので、

必ずしもここで紹介した写真と同じ見た目になるとは限りません。

とくに今回の実験では、4枚~7枚は他の枚数のときより緯糸密度を粗く織っていますので、

黒い経糸の影響が若干強く見えていることにもご注意ください。


4枚と6枚について


上の一覧で、4枚と6枚があったことを不思議に思った方がいるかもしれません。


じつは、4と6には、サテンの飛び数のルールを満たす数字がありません。

つまり、4枚と6枚の繻子組織は、これまでのルールでは存在できないのです。


しかし、世の中には4枚や6枚の綜絖をそなえた織機で織るときなど、

4枚や6枚のサイズで繻子組織を使いたい、という場合があります。

ここで紹介したのは、その時に繻子織りの代わりに使われる組織です。

4枚の方は、「破れ斜紋」と呼ばれます。 「斜紋」とは、綾織のことです。

「■」が45度の角度で接しているので、繻子織りのルールから外れていますが、

 ・経糸:緯糸の比が1:3で、片側の糸が目立つ組織

 ・綾織と違って、斜めの線が目立たない

という2つの点から、繻子織りの役目を果たすことができると考えられます。


6枚の方は、じつは前回説明した繻子織りのルール①、②を完全に満たしています。


 ① 各列、各行で組織点「」は一つだけ

 ② 組織点「」が、互いに接していないこと(上下左右&45度斜め方向)


ただ、飛び数が列ごとに{3飛び、2飛び、2飛び、3飛び…}と変化しているだけです。

6枚では、固定した飛び数の組み合わせは存在しませんが、

このように変化する飛び数を使えば、繻子織りを作ることができるというわけです。


こうした繻子組織を、「変則繻子」と呼びます。

変則繻子は、6枚だけでなく、6枚以上のあらゆるサイズで作ることができます。



次回は、今回示したいろいろな繻子組織どうしの関係、

そして変則繻子についてご紹介しようと思います。


お楽しみに!




(五十嵐)

2016年11月21日月曜日

「YAMANASHI DESIGN ARCHIVE」オープン!

この秋、オープンしたサイト「YAMANASHI DESIGN ARCHIVE」をご紹介します。

http://design-archive.pref.yamanashi.jp/



このアーカイブは、山梨県に伝わる過去の優れた物品の造形や模様、

自然から得られる色彩、今に伝わる昔話・伝説を、産業上で使用することのできる

デザインソースとしてデジタル化して配信する山梨県のプロジェクト。


甲府市にある山梨県工業技術センターのデザイン技術部が主体となって完成させたものです。

シケンジョでもこのプロジェクトに参加し、シケンジョに所蔵している

明治~昭和初期に織られた甲斐絹の一部をデジタルデータ化して紹介しています。





山梨の知られざるデザインソースの数々、ぜひご覧ください。



(五十嵐)

2016年11月18日金曜日

特別セミナー 『メリヤス工場発、世界へ:MERIのブランディング』 開催します!

12月14日、オレンジトーキョー(株)代表取締役小高 集さんを招いた

特別セミナーを開催することとなりました。




 ○日 時 平成28年12月14日(水)13:30~15:30


 ○講 師 小高 集 氏  オレンジトーキョー株式会社 代表取締役


 ○テーマ
「メリヤス工場発、世界へ:MERIのブランディング」


 
※後援/富士吉田商工会議所


ルームシューズのオリジナルブランド「MERI」

指割れ靴下の「TUTUMU TOKYO 1948」を立ち上げ、

国内外を舞台に活躍する小高さんに、ブランド立ち上げからの販路開拓、

直営ショップ開設など、実体験をもとにしたブランディングのお話しを伺います。


photo : http://www.meri.tokyo/







photo: http://www.tutumu.tokyo/





小高さんは、ヤマナシ産地の機屋さんとおなじように、

繊維産業の下請けをする墨田区の町工場の家に生まれました。

ポロシャツの衿や袖などいわゆるリブ部分のみを製造するメリヤス工場を

家業として受け継いだ小高さんが、オリジナルブランド「MERI」を誕生させたのは、

いまから4年前の2012年


この年の秋、ヤマナシ産地は、富士吉田商工会議所の勉強会で招かれた

講師としての小高さんと初めて出会いました。

そして10月には工場見学研修ツアーで小高さんの工場を訪問しています。

またその年は、ヤマナシ産地で「ヤマナシハタオリトラベル」が誕生した年でもあります。



それから4年。



小高さんは、2012年のブランド立ち上げから、どんな課題に直面し、

どうそれを乗り越えてきたのか。

そして、これからどんな風に歩んでいこうとしているのか。




このセミナーは、それぞれ工場のブランドを巡る旅を続けてきた

小高さんとヤマナシ産地の織物企業が、互いの交流と情報交換をとおして、

未来を模索するためのチャレンジの場です。




お申し込みは下記まで、FAX、メール、電話にてお願いいたします。

お申し込み先:山梨県富士工業技術センター 五十嵐・秋本
TEL:0555-22-2100 FAX:0555-23-6671
E-mail kougyo-fj@pref.yamanashi.lg.jp


小高 集(こだか・つどい)氏 プロフィール

オレンジトーキョー株式会社 代表取締役


墨田区でポロシャツの衿や袖などいわゆるリブ部分だけを製造していた莫大小(メリヤス)家業を継ぐも先行き不透明な業界に危機感を感じ直販の出来る商品開発に着手。2012年にルームシューズのオリジナルブランド「MERI」、翌年には指割れ靴下の「TUTUMU TOKYO 1948」を立ち上げる。2013年第二創業しオレンジトーキョー株式会社を設立。




(五十嵐)

2016年11月15日火曜日

特別セミナー「鈴木マサルのデザイン in ヤマナシ」 開催します!

12月5日、テキスタイルデザイナー鈴木マサルさんを招いた
特別セミナーを開催することとなりました。






○テーマ 「鈴木マサルのテキスタイルin ヤマナシ」

○日 時 平成28年12月5日(月)13:30~15:30

○講 師 鈴木マサル氏  ottaipnu(オッタイピイヌ)主宰/東京造形大学教授


東京造形大学とのコラボ事業「FUJIYAMA TEXTILE PROJECT」の監修をはじめ、

国内外での展示会ブースデザインやコーディネートなど、


およそ10年に渡って産地ぐるみでお世話になってきた鈴木マサルさんのセミナーを

シケンジョで企画するのは、初めてのことです。

名前を聞いたことはあっても、実際にお話しを聴いたことがないという方などなど、

この機会にぜひ。ご参加をお待ちしています。


お申し込みは下記まで、FAX、メール、電話にてお願いいたします。


お申し込み先:山梨県富士工業技術センター 五十嵐・秋本

TEL:0555-22-2100 FAX:0555-23-6671
E-mail kougyo-fj@pref.yamanashi.lg.jp


鈴木マサル氏 プロフィール

ottaipnu(オッタイピイヌ)主宰/東京造形大学教授
多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。1995 年に独立、2002 年に有限会社ウンピアット設立。2004年からファブリックブランド OTTAIPNU(オッタイピイヌ)を主宰。自身のブランドの他に、2010 年よりフィンランドの老舗ブランド marimekko のデザインを手がけるなど、現在、国内外の様々なメーカー、ブランドのプロジェクトに参画。東京造形大学教授、有限会社ウンピアット取締役。
2007年JAPAN TEX展での富士吉田産地ブースプロデュースを皮切りにヤマナシ産地の様々なプロジェクトに関わり、2009年よりヤマナシ産地と東京造形大学テキスタイルデザイン専攻学生とのコラボ事業、富士山テキスタイルプロジェクトを監修。

2016年11月7日月曜日

rooms33、ヤマナシ産地出展レポート

平成28年9月14日(水)~16日(金)に、国立代々木競技場第一体育館で開催されたrooms33に、ヤマナシ産地から、3つのブランドが出展しました。


会場を上から見た様子です。ヤマナシ産地は、中央左あたり、JIBASANエリアに出展していました。
槙田商店さんのグリーンの傘が見えています。

槙田商店からは、子供服ブランド frankygrow(フランキーグロウ)とのコラボレーションによる「fusion(フュージョン)」の新作(新柄の傘・ポンチョと、新アイテムのワンショルダーバッグ、折りたたみ傘)が登場!
雨の日が楽しくなるような親子で楽しめるアイテムが揃っています。

カットジャカードで表現されたカラフルな新柄の傘は、内側からみてもとても楽しい、ポップな表情を持っています。



光織物の
kichijitsu(キチジツ)からは、ご朱印帳のシリーズをはじめ、全商品がずらりと揃いました。




今年発売された、STAR WARSの金襴緞子ノートが注目を集めていました。
ジャカードで見事に表現されたC-3POがキュートです。スペシャルな黒いパッケージに入っています。

渡小織物のネクタイブランド、TORAW(トラウ)のブースは、モダンな男子のクローゼットのようです。


内側からちらりと赤色が見えるパッケージにも注目。ネクタイをぜひ贈りたい!と思えるギフトパッケージになっています。

今回もヤマナシチームのブースデザインは高須賀活良氏の手によるもの。新しい什器がそれぞれのブランドを引きたてていました。



ここからは、ヤマナシチームを離れてrooms会場内で出会った素敵なインスタレーションをご紹介します。

こちらは、CHARA CHARA(キャラ チャラ)エリアに出展していた松山しげきさんの「ナルシシズム:ダズルルーム」という作品。じっと見ていると人が動いて驚きます。撮影OKということで、インスタグラム等SNSにたくさんアップされていました。
CHARA CHARAは、他にも印象的な展示が多いエリアでした。


rooms会場の入口では、愛媛県今治の、「工房織座」さんによる、足踏み織機を体験できるワークショップと展示が行われていました。
工房織座さんは、ストールのブランドを持ちつつ、工房では残り糸を用いたストールづくりのワークショップもされているそうです。
会場入り口では、次々に足を止めて織りを体験するお客さんの姿が見られました。
織物を知ってもらうには、体験してもらうのが一番なのかもしれません。展示もとても魅力的で、迫力のあるインスタレーションでした。

 
 


このほかにも、猫の写真展などがあり、商品の展示ももちろんですが、会場のあちこちで行われているアート展示やインスタレーションが印象に残ったrooms33でした。

ヤマナシ産地からは、冬にもいくつかの展示会に出展が予定されています。
また出展情報は、シケンジョテキ、シケンジョテキFacebookでもお知らせしますので、お楽しみに!


(秋本)

2016年10月31日月曜日

サテンのひみつ(2) サテンの描き方

「サテン」について紹介するシリーズ、「サテンのひみつ」第2回です。


今回は、サテンの組織図の描き方についてご紹介したいと思います。



前回お話ししたように、サテンは経糸緯糸どちらかの糸だけが目立ち、

もう一方はできるだけ目立たないしくみになっていました。



今回は、そういう構造を持つサテンの組織図を、

どういう風にしたら描くことができるのか学びたいと思います。

いろいろなサテンの組織図
















「サテン」を作るときに守るべきルールは、次の2つです。




 

このルールに従って、

5マス×5マスのサテンの描き方を図解してみましょう。

まず、下図Aのように、1列目の1行目(=左下の角)に最初の組織点「■」を描きます。

すると、2列目の組織点は、どこにすれば良いでしょうか?
  

 
上図B には、ルール①に従って、組織点を置いてはいけないマス目に×印を入れました。

白×ルール①ピンク×ルール②により組織点「■」を置くことができません。

すると、2列目では、赤い四角で示した3、4行目のマスだけが残ります。

ここで仮に、下図Cのように、2列目3行目のマスに組織点「■」を置きます。
すると、今度はルール①により黄色い×の場所に組織点「■」は置けなくなります。


3列目で残っているのは赤い四角で囲った5行目だけなので、下図Dのように3列目5行目に「■」を置きます。


 

こんどは、上図Dのように、緑の×が出てきます。

残る4列目、5列目で組織点「■」を置ける場所は、ひとつづつしかありません。



これで、5マス×5マスの繻子組織が完成です。


なお、5マス×5マスで表せる繻子組織を、5枚繻子と表します。




「枚」について


なぜ繻子織の名前に「枚」という言葉を使うのでしょうか?


それは、織機の部品である綜絖(そうこう:Heddle=へドル)の枚数と関係があります。


 

上の図は、基本的な組織(ドビー織機)の構造と、綜絖の役割を

あやつり人形をつかって表しています。

あやつり人形の手足は、びっしりと並べられた経糸です。

織機はあやつり人形を動かすように、綜絖をつかって経糸を持ち上げて、

経糸と緯糸との交差を操ることで、織物組織を作ります。

このとき、綜絖の枚数によって、あやつり人形(=経糸)の動きを

どのくらい複雑にできるかが決まります。

繻子織りのサイズに使われる「枚」というのは、

その組織を織るときに何枚の綜絖が必要か、を表しているのです。



飛び数について



さて、さきほどの「×」印を入れていった組織図の描き方を、もっと単純なルールにしたのが

次に紹介する「飛び数」をつかった描きかたです。


 
上の図のように、最初の組織点0から上に数えて

2つ目の右(→上図A)、あるいは3つ目の右(上図B)に次の組織点「■」を描くことで、

サテンのルール①、②を守った組織図を描くことができます。

0、1、2と数えていって、もし方眼を超えてしまったら、逆側に回り込むようにして数えます。


このとき、上図Aを「2飛び」の5枚繻子、上図Bを「3飛び」の5枚繻子と表します。

つまり、5枚繻子には2つの種類があるわけです。


同様に、8枚繻子には「3飛び」「5飛び」の2種類があります。




 
「飛び数」として成り立つ数の条件は、次の図をご覧ください。




 
5枚繻子の2飛び、3飛び、

8枚繻子の3飛び、5飛びは、上図のように

二つ足したら「枚数」(=組織サイズ)になるけれど、1以外の公約数を持たない数の

組み合わせで成り立っていることがわかります。


このような数を選べば、何枚の繻子でも描くことができます。

例えば、次のような組み合わせが飛び数として成り立ちます。






興味のある方は、色々な枚数の繻子組織を描いてみてください。


次回は、色々なサテンを比べてみようと思います。


お楽しみに!




(五十嵐)




2016年10月28日金曜日

サテンのひみつ(1) 光沢のひみつ

「サテン」 という言葉を知っていますか?



ジャズのスタンダードナンバー『サテン・ドール』では、

着飾った魅力的な女性のことを ”サテン・ドール” とうたっています。

この歌のように、贅沢で華やかで美しい、というイメージがサテンにはあります。



今回のシケンジョテキでは、サテンの美しさ、特に光沢のひみつに迫りたいと思います。













サテンを知っている方は、きっとこんな光沢のある生地を

思い浮かべるのではないでしょうか。


サテンというのは、織物の織り方のひとつで、

高級なウェディングドレスではシルクのサテンがよく使われます。

上の写真も、ヤマナシ産地(宮下織物(株)さん)で作られた、シルクのサテンです。



ではまずサテンとは何か、まとめてみましょう。


サテンの基本


サテンは、日本語では「繻子織(しゅすおり)朱子織)」という織物組織のことをさします。

基本的な3つの組織、平織綾織繻子織のうちの一つです。



上図の右側にある、描かれた方眼紙に「■」を並べて描いた図は、織物組織を表すもので、組織図と呼ばれます。

組織図では、経糸と緯糸の交点で、経糸が上なら「■」、緯糸が上なら「□」で表されます。


上の図で5×5マスので示したような、繰り返しパターンの一番小さな単位のことを

完全組織と呼び、ふつう織物組織は、完全組織で描かれます。



光沢のひみつ


いよいよ本題、サテンの光沢のひみつに迫ります。

なぜサテンの生地は、光沢があるのでしょうか?



まず、綾織と繻子織の組織図を比べてみましょう。

どちらも、経糸「■」と緯糸「□」の比率が、 の同じ比率になっている組織です。

経糸「■」の面積比率は、綾織と繻子織、どちらも全く同じです。






次に、それを実際に織ってみた写真をご覧ください。



織った結果、黒い経糸と、青い緯糸の見え方の比率は、どうなっているでしょうか?



上の綾織では、黒い経糸のナナメの線////がハッキリ見えていますが、

繻子織では、黒い経糸は、青い緯糸陰にかくれて少ししか見えていない!のが分かりますか?



黒い経糸が、青い緯糸かくされて見えなくなる傾向は、

緯糸の密度が高ければ高いほど、はっきりと現れ、

織物組織のなかでも、経糸の比率が低い(=完全組織のサイズが大きい)ほど、

経糸は隠される傾向が強くなります。


下の写真は、経糸緯糸1:15の、綾織と繻子織を比べたものです。


繻子織では、経糸ほとんど見えなくなってしまいました!

ほぼ青い緯糸だけが見えている状態になっています。



組織図と、製織後のイメージを比べて見ると、こんな感じです。






製織後の写真にあるように、繻子織の場合、

組織図中の■が、ふくらんだ緯糸に隠されて、見えづらくなっています。



これは、綾織の場合とちがって経糸の見えている組織図中の「■」が、

互いに隣接していない構造になっているところと、

緯糸途中で膨らんでいることにポイントがあります



さて、このようにほとんど緯糸だけが見えているということは、

どういう見た目の効果に結び付くのでしょうか?


それはズバリ、緯糸だけということは、

横方向の繊維だけがきれいに揃って見えているということです。

言いかえると、織られる前の緯糸の姿に近いということです。

(もちろん、裏側から見ると経糸だけの繊維が目立つことになります)



織物工場で織機にかけられた経糸を見た経験のある人は、

こう思ったことがあるかも知れません。

「織る前の糸の光沢は、織ったあとよりもむしろキレイなんじゃないか?」
、と。

※イメージ映像   上の写真は、今回織った織機とは別の写真です。


※イメージ映像   上の写真は、濡れ巻き整経で使われる経糸のかたまり、「経玉」です。



できれば織らずに身にまといたいくらい、美しい糸の光沢。

その美しい光沢を、織ったあとでも最もキレイに再現するための織り方が、繻子織です。

これこそが、サテンの光沢のひみつであり、サテンの秘められた役割なのです。

(…というのが、シケンジョテキライターの持論です)



濡れ巻きのこと


一番上の写真で紹介した、サテン生地に使われた「濡れ巻き」について少し紹介します。

濡れ巻きは、染色後に経糸を湿らせたまま、手作業で乾かしながら整経する技法で、

サテンの輝きが増すと言われており、その効果はシケンジョの研究からも実証されています。

濡れ巻について知りたい方は、下のリンク先をご覧ください。


 ・濡れ巻サテンの輝き











また、サテンは織り方だけでなく、

繻子織で織られた生地、とくに絹の生地をさして、

布の種類を表す言葉として使われることもあります。



satin  と sateen


英語では、サテンを表すのに、satin  と sateen という似た用語があります。


   satin   [sˈætn]  サテン、サトゥン

   sateen [sætíːn] サティーン


satin と sateenは、どちらも繻子織で作られた生地をさしますが、

特に satin は、シルクやポリエステルなど、光沢のある糸で作ったものをさし、

sateen は、綿など、光沢のないスパン糸で作ったものをさすそうです。





サテンの光沢のひみつ、いかがでしたでしょうか。

サテンのひみつシリーズ、次回は、様々なサテンの種類についてお話しします。

それでは、また。



(五十嵐)